税理士の平凡日記(記録用)


by o3qa1ciryo

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 障害者自立支援法が定めた福祉サービス費用の原則1割自己負担は違憲だとして、全国の障害者ら71人が国を相手取り、負担決定取り消しなどを求めた集団訴訟のうち、さいたま市の男性ら12人が提訴した訴訟が24日、全国に先駆け、さいたま地裁(遠山広直裁判長)で和解した。
 政府は2013年8月までに同法を廃止する方針を打ち出しており、訴訟終結を原告側と合意。係争中のほかの13地裁でも順次和解が成立する予定だ。 

【関連ニュース】
障害福祉従事者、7000円増=報酬改定後の平均給与
法廃止確約、訴訟終結へ=障害者自立支援法、国と原告が合意
低所得障害者の利用は無料=父子家庭にも児童扶養手当
障害者の87%が負担額増加=自立支援法施行で

大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ−無職男性、8日後釈放(時事通信)
静岡県で大雨や強風の被害相次ぐ(産経新聞)
<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)
「伊丹空港」めぐり賛否分裂 大阪・箕面、豊中両市議会(産経新聞)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-29 23:43
 奈良県桜井市で吉田智樹ちゃん(5)が餓死した事件で、母親のパート店員真朱(まみ)容疑者(26)が「智樹の腕にアイロンの先を押し当てた」と供述していることがわかった。

 智樹ちゃんを自宅のロフトに閉じ込めていたことも判明し、奈良地検は24日、真朱容疑者と父親の会社員博容疑者(35)を保護責任者遺棄致死罪で起訴した。裁判員裁判対象事件となる。

 捜査関係者によると、智樹ちゃんの遺体にアイロンの先とみられる三角形のやけど跡のほか、あざが全身にくまなくあった。真朱容疑者は「イライラした時などにアイロンでやけどをさせた。頭を机に打ちつけたこともあった」と供述しているという。

 真朱容疑者は妹(3)が生まれた3年前から智樹ちゃんを虐待。トイレや風呂以外はロフトに放置したまま、食事や外出をしていた。真朱容疑者は「部屋を広く使うためだった」と話しているという。

 起訴状などでは、2人は、日頃から智樹ちゃんを屋外に出さず、おにぎりと水などわずかな食事しか与えずに放置。昨年9月以降、智樹ちゃんが衰弱しているのを知りながら医師の治療や十分な食事をさせず、餓死させたとしている。

記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)
<雑記帳>発車ベルが球団歌に 楽天のホーム球場最寄り駅(毎日新聞)
梅雨時の気温低い地域も…3か月予報(読売新聞)
タレントの松野明美さん熊本市議選立候補へ(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-27 16:01
 【バンコク時事】タイの捜査当局は22日、バンコクに滞在していた永野衛容疑者(64)を入国管理法違反容疑で逮捕した。永野容疑者は石油採掘事業をめぐる出資法違反事件で広島県警から逮捕状が出されており、近く日本側に身柄が引き渡される見通し。
 広島県警は2007年2月、永野容疑者が社長を務めていた熊本市の石油製品輸入販売会社「ジャパンエージェンシー」が石油採掘事業などへの出資名目で多額の資金を違法に集めたとして、関係先を家宅捜索した。 

【関連ニュース】
出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
「食用油販売益で元本3倍」=1億8千万集金、会社会長ら逮捕

小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
甲子園8回の野球部監督逮捕=傷害容疑で−広島県警(時事通信)
雑記帳 議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)
<元組幹部射殺>殺人は無罪、拳銃所持で実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
国税局、監視委と反対の判断…ビックカメラ決算(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-26 07:36
 政府は23日の閣議で、「ビザなし交流」で北方四島を訪れる日本船に対し、ロシア側が入港税の納付を事実上、要請した問題に関し、「わが国の法的立場にかんがみ、受け入れることは困難である」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連記事】
ビザなし交流で露側が対話集会不参加を通告 「領土議論疲れた」
北方領土で入港税要求 ロシア、主権の既成事実化狙う
北方領土「訴え続ければ四島返還」 前原国交相、功労者表彰式で
【佐藤優の地球を斬る】銃撃許した外交の不作為
【国際情勢分析】ロシアで報じられた「北方領土の日」
20年後、日本はありますか?

<原研機構>もんじゅ安定まで理事長を特例再任(毎日新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
上申書殺人控訴審判決 元暴力団組長に(産経新聞)
「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-23 23:14
 自民党の鳩山邦夫・元総務相は15日午後、秘書を通じて大島幹事長に離党届を提出した。

 野党転落後、自民党の現職国会議員の離党表明は6人目で衆院議員は初めて。邦夫氏は提出後、大島氏に電話し、近く新党を結成する考えを伝えた。邦夫氏は今夏の参院選に向け、4月末までに新党を結成したい考えで、同様に新党結成の可能性に言及している与謝野馨・元財務相や、執行部に批判的な舛添要一・前厚生労働相らとの連携を探る構えだ。

 邦夫氏は、大島氏との電話で「今の民主党政権ではだめだ。自分は外に出て新党を目指し、悪政を断ち切る」と離党の理由を説明。その後、都内で記者団に、新党結成について、「(4月末からの)連休前にはつくりたい。(現職国会議員)5人は確保できると思う」と述べた。

 また、「日本一、頭のいい政治家は与謝野馨。国民の人気が一番高いのは舛添要一。この2人を結びつけることができたら最高だ」と強調し、与謝野、舛添両氏らとの連携に改めて強い意欲を示した。

 与謝野氏は15日夜、都内で記者団に「16日にも(邦夫氏から)話を聞いてみたい」と述べた。

 邦夫氏の離党届提出を受け、谷垣総裁は党紀委員会で取り扱いを協議するよう、大島氏に指示した。谷垣氏は鹿児島市内で記者団に、「新党を作るということを、具体的に日限を切ったように言われると、一緒にやるのは難しい。(離党は)やむを得ない」と語った。

 一方、与謝野氏に近い園田博之幹事長代理も15日、幹事長代理職の辞任を伝え、了承された。大島氏によると、園田氏は「民主党政権を倒す目標は一緒だが、進め方で執行部と違う方針を主張してきた。執行部の外に出て、自民党のあるべき姿を追及していきたい」と話したという。園田氏は執行部刷新を求めている与謝野氏とともに、当面は谷垣氏らの対応や党内情勢を見極める考えと見られる。

宿泊客男女4人が軽症=ビジネスホテル火災−東京(時事通信)
シー・シェパード、過激活動で寄付集め装備充実(読売新聞)
<千葉大生殺害>学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
<Dr.コトー>鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
青魚でPTSD緩和 DHA摂取 予防効果?(産経新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-19 14:16
 福岡県警は12日、女子高生の体を触ったとして県警小倉南署総務課巡査部長、住吉英二容疑者(31)を強制わいせつ容疑で緊急逮捕した。県警によると、この日は非番で容疑を認めている。現場付近で類似の事件も起きており余罪を追及する。

 逮捕容疑は同日午後1時35分ごろ、北九州市戸畑区の建物敷地内で、徒歩で帰宅途中の女子高生(16)に抱きつき、体を触るなどしたとしている。女子高生が悲鳴を上げたため逃走した。

 女子高生は帰宅後「いたずらをされた」と話し、家族が110番。県警戸畑署員が、現場から約300メートル離れた路上で服装などから住吉容疑者を見つけて取り押さえたところ「もう逃げません」と観念したという。

【関連ニュース】
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
NHK:強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に
教員免許:失効知らず講師採用 三重の県立高
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
わいせつ:筑波大院元教授に有罪判決 水戸地裁支部

チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
弁護士6600万円横領か=死亡女性の遺産管理中−愛知(時事通信)
<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)
クロマグロ 「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
「非核三原則」佐藤元首相が後悔…公開メモ(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-18 00:34
 自民党の山本有二元金融担当相、鴨下一郎元環境相、村上誠一郎元行政改革担当相が9日、谷垣禎一総裁と党本部で会談し「谷垣体制を支えるという声は若手中心にだんだんなくなってきている。その原因を謙虚に考えなければならない」と述べ、執行部体制を一新するよう申し入れた。そのうえで、月刊誌で新党結成に言及した与謝野馨元財務相への厳しい対応を求めた。

 山本氏らは「(与謝野氏に)英雄になって離党されては口惜しい」と述べ、谷垣氏が10日にも与謝野氏に直接真意をただすよう要請。「執行部が与謝野新党問題にどういう態度で臨むかは、党の結束にかかわる」と訴えた。谷垣氏は「言いにくいことをよく言ってくれた」と応じた。

 一方、谷川秀善参院幹事長は9日の記者会見で「(谷垣氏の就任から)まだ5カ月しかたっていない。『冗談じゃないよ』と思う」と党内の執行部批判に反論した。伊吹文明元幹事長は記者団に「自分が世話になった党をおとしめることを外で言ったのでは、自分の足元が崩れる」と語り、名指しは避けつつ与謝野氏に苦言を呈した。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々
与謝野元財務相:確定申告相談会を視察
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時

さいたま市児相、警察の一時保護要請いったん断る 抑制的な権限行使(産経新聞)
阿久根市幹部ら苦悩、市長命令と説明責任の板挟み(読売新聞)
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業−成田(時事通信)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映−刷新会議(時事通信)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-16 16:57
 太陽の南極と北極に黒点並みに強い磁場が斑点状に散らばっていることを、国立天文台などが太陽観測衛星「ひので」を使って発見した。黒点のもとになる「たね」と考えられるという。国立天文台の常田佐久教授(太陽物理学)は「極域の磁場は将来の黒点数の重要な指標。地球の気候変動を予測する材料にもなるかもしれない」と話している。

 国立天文台野辺山太陽電波観測所(長野県南牧村)の下条圭美助教(同)らは、ひのでで極域付近の磁場を観測。両極に黒点とほぼ同じ1000ガウス程度の磁場が数十個点在することが分かった。直径約4000キロと黒点の10分の1以下、平均寿命は約10時間で、黒点(数日から数カ月)より短かった。

 極域付近の磁場は、太陽の自転や対流によって内部で増幅され、約11年後に赤道付近の表面で一部が飛び出すと黒点になる。従来考えられていた極域の磁場は黒点のたねとなるには弱すぎたが、今回の磁場は十分な強度を持つという。

 黒点の数は11年周期で増減し、現在は数が減る「極小期」。07年以降はほとんど現れず、黒点がまったくない日は通常の極小期より多いうえ、周期も延びている。過去には数百年から1000年の間隔で、50〜100年にわたり黒点がない時期があり、その多くは地球の寒冷期と一致する。【須田桃子】

日弁連会長に宇都宮氏=現執行部派制す−法曹人口削減訴え(時事通信)
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏(産経新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
<将棋>三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
内職あっせん、実は高額教材販売…被害5億円(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-11 22:05
 インターネット動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信された公道でのオートバイ暴走映像をもとに、和歌山県警交通指導課と県警橋本署は4日、道交法違反(速度超過および通行区分違反)容疑で同県紀の川市貴志川町の会社員岩橋広明容疑者(42)を逮捕した。県警によると、ネット動画解析による最高速度違反の摘発は全国で初めて。
 逮捕容疑は、昨年8月16日午前8時50分ごろ、同県かつらぎ町の国道371号(元高野龍神スカイライン)で大型オートバイを運転し、指定速度時速50キロのところを時速188キロで走行。また、前の車を追い越す際に右側の通行区分を2回はみ出した疑い。
 同署によると、昨年9月「猛スピードで走るバイクの動画がインターネットで流れている」との情報が県警本部に寄せられた。動画にはメーターが時速200キロを超える様子も映っており、動画投稿者を特定したところ、運転者は知人の岩橋容疑者だったことが判明。動画を解析して実際の走行速度を割り出した。 

【関連ニュース】
三洋電機とフルHDデュアルカメラで提携継続=米アークソフト〔BW〕
「年末の住居相談」動画で紹介=鳩山首相
スーザン・ボイルさん出演も=NHK紅白
ホームレス襲撃装う画像、ネットに=「誤解招きかねない」学生に注意
マルチタッチ搭載の東芝ノートPC発売=イスラエルN-trig〔BW〕

チョロQもハイブリッド! ゼンマイとモーター共存(産経新聞)
津波、川を1キロ遡上=湾内では高低差−宮城三陸沿岸・秋田大調査(時事通信)
ご当地検定 生き残り難題 240余が乱立 受検者軒並みダウン (産経新聞)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
「普天間先延ばしなら、6月に議員辞職」下地氏(読売新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-10 11:55
 チリ大地震による津波に備え、東北では青森、岩手、宮城、福島の4県で計2万人以上が避難したが、2月28日午後の津波「第1波」の後に帰ってしまう住民が相次ぎ、自治体関係者を悩ませた。避難所を利用した避難率も4県の48市町村でわずか6.5%にとどまった。専門家は「たまたま大きな被害がなくて済んだが、今後も油断はできない」と訴えている。

 約3万人に避難指示を出した青森県八戸市では28の避難所のうち、1人も住民が利用しない避難所が8カ所に上った。残り20カ所では28日午後3時にピークの551人を数えたが、その後は徐々に減少した。市防災安全推進室は「『帰る』と言う住民を無理に引き留めることはできない。限界がある」と振り返った。

 岩手県釜石市は「大津波警報から津波到着まで時間が長く、危機感が薄れた」と分析。仙台市若林区の担当者も「待機を促しても、声の大きな人がいるとそれに追随して帰宅してしまう」と嘆いた。

 大船渡市は「津波が小さかったことや翌日から仕事や学校があることが影響していたかもしれない」。岩手県山田町は「避難した人は50年前のチリ地震津波を体験した高齢者」と世代間の意識の違いも挙げた。

 各自治体は内陸部の親類宅などに避難した人もいるため、「実際に避難した人数はもっと多い」(気仙沼市)と推測しているが、「避難した人が少なかったのは課題」(塩釜市)としている。

 岩手県総合防災室は「津波発生時に避難の必要性は感じても、過去のケースを見ると、避難行動に移せない人が多いことが分かっている」と指摘。「いかに啓発するかが課題だ」と話す。

 一方、住民からは警報の出し方に疑問を示す意見も。避難した青森県むつ市大畑町の無職女性(78)は「いつまで待っても津波は来なかった。大津波警報は大げさだったのではないか」と疑問を呈した。

 岩沼市など宮城県南の沿岸部では遠浅で砂浜が続くこともあり、「リアス式海岸の三陸などと区別して、津波警報でも良かったのではないか」という声もあった。

 気象庁は1日、警報の内容について「予測が過大だった」(関田康雄地震津波監視課長)と陳謝。ただ、堺茂樹岩手大工学部地域防災研究センター長(海岸工学)は「避難指示が解除されるまで我慢して待機すべきだ」と強調。「津波は必ずしも第1波が大きいとは限らない。住民がきちんと理解し判断できるよう、行政は正確な情報伝達や啓発活動が求められる」と指摘している。


<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
貸金業法の運用見直し=検討チームが初会合(時事通信)
<横浜3人重軽傷>拳銃発砲後自殺の元組幹部書類送検(毎日新聞)
無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
愛子さま、早くお元気に=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-03-09 00:29