税理士の平凡日記(記録用)


by o3qa1ciryo

年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)

 米アムジェン社は6月1日、年2回皮下注射投与のRANKリガンド阻害薬Prolia(成分名=デノスマブ)が、骨折リスクが高い閉経後女性の骨粗鬆症治療薬として、米食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。

 Proliaは、世界で初めて承認された破骨細胞の活性化に関係するRANKリガンドを阻害するヒトモノクローナル抗体で、日本では第一三共がフェーズ3試験を実施している。

 今回のFDA承認は、閉経後の女性骨粗鬆症患者7808人が参加した3年間のフェーズ3試験に基づく。それによると、Prolia投与群は、脊椎骨折、大腿骨頸部骨折、非脊椎骨折の相対リスクがプラセボ群に比べてそれぞれ68%、40%、20%減少したという。

 アムジェン社によると、米国では、ビスホスホネート系薬剤の経口投与療法を実施していた患者の約50%が、服薬を開始から1年以内に中止したとする研究がある。また、50歳以上の閉経後女性の骨粗鬆症患者の2人に1人が、その後骨折を経験すると推計されている。

 欧州では5月28日、閉経後女性の骨粗鬆症の治療と、前立腺がん患者のホルモン抑制療法に伴う骨量減少の治療の2つの適応で承認を取得した。


【関連記事】
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始
最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請
米FDA、バイオ骨粗鬆症治療薬の承認見送り
バイオ骨粗しょう症薬の承認を推奨―FDA諮問委

7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
野口宇宙飛行士 無事生還に後輩たち大喜び 母校の斑鳩小(毎日新聞)
<池田小事件>鎮魂歌に父の祈り 発生9年(毎日新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
「参院選、プラスにならぬ」 府県連、首相辞任に厳しい反応(産経新聞)
[PR]
by o3qa1ciryo | 2010-06-08 08:26